銀座らん月

すき焼・しゃぶしゃぶ・かに料理・懐石料理の銀座らん月でございます。

サイトマップトップページへ

 

銀座らん月 こだわりの食材

 

お召し上がりいただくお料理のこだわりの食材について、料理長佐野忠次がご紹介します。

 

生かに・海産物

●ふるさとの味わいを銀座のお客様へ

 全国でも名高く、山陰地方の海の幸の王様ともいえる「松葉かに」は、成長したズワイガニの雄の名称(雌は「せこかに」もしくは「親かに」と呼ばれます)で、長い足にびっしりと詰まった肉身は、独特の芳醇な甘味と繊細な食感から、かにの中でも最高級とされています。初代店主はその産地である山陰地方の出身で、「松葉かに」は幼少の頃から親しんだふるさとの味わいでした。「この松葉かにの味を銀座のお客様にも味わっていただきたい」という思いが銀座らん月のかに料理の始まりです。
 しかしながら、年々漁獲量が減少しており年間を通じて安定した供給が難しい時代になって来ました。現在では山陰地方だけでなく日本海域で水揚げされたズワイガニを独自のルートにより厳選して仕入れ、初代店主から受け継いだふるさとの味を守っております。

●鮮度を損なわない保存技術

 銀座らん月でお出しする特撰生かには、すべて生のままでも召し上がって頂ける鮮度のものだけを厳選しています。そもそもかには鮮度を保つことが非常に難しい食材で、空気に触れると酸化が進んで黒変し、鮮度が落ちてしまいます。新鮮なまま保存できるように長年試行錯誤を続け、現在では最新の冷凍技術によって常に新鮮な状態でお出しすることが可能になりました。

●旨味を引き出す調理法

 生のままでも美味しい特撰生かにですが、適度に火を通すことによって身の持つ本来の甘みは一層増し、旨味がより引き出されます。銀座らん月では美味しく召し上がっていただけるよう研究を重ね、かにすき、かにしゃぶしゃぶを経て、更に「かに焼しゃぶしゃぶ」などの調理法に辿り着きました。

●いつでも全国の新鮮な海の幸を

 銀座らん月がご提供する海の幸は特撰生かにだけではありません。料理の随所で使用する海産物全てが厳選されたこだわりの食材です。今や一大ブランドとなった富山県の「氷見の寒ブリ」。他にもヒラメ、活イカ、キジ海老、甘海老、ホタルイカ等の魚介類を、早朝現地の港で水揚げされた鮮度を保ったまま空輸し、その晩に客席へご提供します。常日頃より安心してお客様に召し上がっていただけるよう、銀座らん月では塩釜、山陰、北海道など日本各地の漁港と独自の仕入網を構築。一年を通して新鮮な海の幸をお出ししています。

前のページへ|次のページへ
 

お祝い事・歓送迎会・趣味の集いなど、特別な日のためのお献立も、お客様のご要望に応じてご用意させていただきます。小さなお子さまがいらっしゃる場合もお気軽にご相談下さいませ。

銀座らん月のご予約・お問い合わせは 電話番号 03-3567-1021(年中無休 11:30〜22:00)
 

▲このページの先頭へ

Copyright © 2005 Ginza Rangetsu. All rights reserved.